自然・無垢素材へのこだわり

体に優しい自然・無垢材でお家を建てる

健康住宅・環境住宅・エコハウスなど、住宅にも"健康"や"エコ"を意識した仕様やデザインが積極的に採り入れられるようになりましたね。
このようなブームが訪れるずっと以前から、松崎建設の家では「無垢材」を採用していました。輸入住宅風の洋風建築、純和風の日本家屋、子どもたちが裸足で走り回る幼稚園の床など、時間を経た今も、無垢の木がさりげなく"家"や"建物"の中で呼吸を続けています。自然な風合いが美しく、身体にも優しい無垢材は、決して「特別」な建材ではなく、本来、人が暮らす家、人の営みのある場所には、最も適した自然素材であることを知っていたからです。
しかし、自然素材は一般的な工業製品と比較すると高額で、予算の問題で自然素材をあきらめ、複合フローリングやビニールクロスを選択するご家庭が多いのも事実です。

私どもは独自の低額ルートで商品を購入することで、質の高い自然素材を安価でお客様に提案しています。
健康で安全な家づくりに真剣に取り組む松崎建設は、これまでもこれからも、呼吸する建材"無垢"を、お客様にご提案し続けてまいります。

無垢材のフローリングとは?
無垢材のフローリングとは?

「木の床」と呼ばれるものは、無垢材の床のほかに、複合フローリングがありますが、複合フローリングとは、単板を接着剤で貼り合わせた単板積層材の表面に、厚さ1ミリ程度の無垢材を貼ったものをいいます。
無垢材は、天然素材なので、部屋の乾燥、湿気などによって、伸縮します。木のくせが強い時は反ったりします。
複合フローリングは、表面には木目を貼り、伸縮や反りがでないように加工しています。外見は木の床ですが、感触や弾力、ぬくもりは、無垢材の床とは、大きな違いがあります。

大きく2種に分けられる無垢材

無垢材は、2つの種類に大きく分けることができます。
ひとつめは、針葉樹。細長い葉っぱの木です。杉、ヒノキ、ヒバなどがあります。
ふたつめは、広い葉っぱの、広葉樹です。床に使われる広葉樹では、カバ、楓、楢などがあります。
針葉樹と、広葉樹。このふたつの違いは、葉の形だけではありません。
森での育ち方、成長の仕方が違います。
その違いは、床材としての、かたさや保温性、香りなどの違いになります。

代表的な無垢材
画像 材種 科目 科目
アカシア アカシア マメ科広葉樹 材質は硬くしなやかで衝撃に強く、シロアリにも抵抗力がある。屋外でも腐りにくい、非常に優れた耐久性を持つ樹種。
ウォールナット ブラック
ウォールナット
クルミ科広葉樹 木質はやや重硬で、狂いが少ない。チーク、マホガニーとともに三大銘木のひとつとされ、アメリカ大統領の指揮台や最高裁判所のベンチなどにも使用されている高級材。
オーク オーク ブナ科広葉樹 木肌が粗めの堅い木材で、杢目がはっきりし、特に柾目面にはそれが美しい模様として現れる。堅く重厚で耐久性に優れている。
カリン カリン マメ科広葉樹 赤褐色の美しい色合いが特徴。
非常に硬質で寸法安定性に優れ、シロアリ等の害虫にも強く、美しさと耐久性に優れる高級材。
バーチ バーチ カバノキ科広葉樹 優しく肌理が細かくクセのない杢目。明るいフローリングの代表的な樹種。日本ではカバザクラやサクラとも呼ばれ、サクラの代用として使われる。
メープル メープル カエデ科広葉樹 淡い色調と特徴的な杢目。衝撃に強い特徴を持ち、耐磨耗性の強さからプロバスケットボール(NBA)で使用されるコートのフロアやボーリングのレーン、ピンなどにも用いられている。
パイン パイン マツ科針葉樹 節のあるナチュラルな風合いと、柔らかな質感が特徴。無垢材の中では低価格で人気の高いフローリング。
杉 スギ科針葉樹 淡い赤黒褐色。ほのかに独特の香りがし、その木目は和風建築との相性が良い。軟らかくぬくもりのある木なので肌触りが非常によい。
土地探し・資金計画・プラン作成など、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:03-3849-0182 受付時間9:00~19:00 資料請求・お問い合わせ

▲ Page Top

珪藻土

松崎建設の自然素材珪藻土

手軽で安い合成建材は、大量に住宅やマンションが建てられた時代に、積極的に採用され、中には"化学物質"が含まれるものも少なくありませんでした。"シックハウス症候群"という、当時は耳慣れなかった病名が叫ばれるようになったのは、それから数年後のことです。「家族が健康で安心できる家を建てたいんです!」と、当社にご相談にこられるお客様のなかにも、賃貸住宅やマンションでシックハウスの被害にあわれた経験をお持ちの方がいらっしゃいました。
そんな時代にも、頑なに厳選した建築材料にこだわり続けた松崎建設では、安全性を重視した建材選びの姿勢を守り抜いてきました。自然由来の"珪藻土"は、そのなかでも特に優秀な壁材です。免疫力の低い赤ちゃんや抵抗力が低下したお年寄りでも安心して深呼吸できる当社の健康住宅では、珪藻土が大活躍しています。

珪藻土とは?
珪藻土とは?

珪藻土とは、植物性プランクトンである藻類の一種「珪藻」が海底や湖底に堆積して化石化した自然素材のことでダイアトマイトとも呼ばれます。この珪藻土には有害物質などの不要物を吸着する性質、高い耐火性・断熱性・脱臭性、硬度など多くの特徴があり、土壌改良や七輪や耐火断熱レンガの材料など、様々な分野で活用されています。

建築資材としての珪藻土
建築資材としての珪藻土

珪藻土は、漆喰に似た風合いが出せる多機能自然素材として注目され、近年では「健康住宅」「自然素材住宅」「ナチュラルモダン住宅」などの人気とともに、その需要も高まりを見せています。アンビエントホーム「松崎建設株式会社」では、数ある珪藻土の中から、最先端の研究開発から生まれた珪藻土を採用しています。

珪藻土のチカラ
珪藻土のチカラ
VOC吸着・分解機能

住宅を新築・改装した際に起きる健康障害として問題になる「シックハウス症候群」。高品質珪藻土の塗り壁は、ホルムアルデヒドを吸着・分解し、再放散しない自然素材の壁材であると言えます。珪藻土の小さな穴からシックハウスの原因であるホルムアルデヒドなどの揮発性有害物質を吸着し、無害な物質に変えてくれるのです。

吸放湿機能

松崎建設が採用する高品質珪藻土の原料は、珪藻土と石灰の2つの自然素材。藻土の持つ調湿作用と石灰のアルカリがカビ対策に大きな効果を発揮します。一般にカビ・ダニ等が最も生息しにくいといわれる「相対湿度35%~60%以内の環境」を壁材によって維持できれば、カビやダニなどのアレルゲンを予防することができます。

消臭機能

ペットの飼育や介護などにおけるよるアンモニア臭やタバコの臭い。珪藻土はこの原因となるアンモニア・硫化水素・アセトアルデヒドなどを効果的に吸着し、高機能珪藻土ではこれを再放散しません。部屋全体を脱臭し、さらに臭いを寄せ付けないという効果が期待できます。

不燃機能

七輪の材料としても使用される珪藻土。珪藻土は燃える素材ではありません。ところが珪藻土を壁材として使用する際に、硬化させる目的で加える補助材料に樹脂などを加えています。この補助材質によっては燃えてしまったり、有毒な煙を発生したりする場合があります。壁材は燃えないだけではなくて、有毒な煙を出さないことも、重要な要素。松崎建設の使用する「高機能珪藻土」はこの要素を兼ね備えています。

CO2吸収機能

有害物質を吸着する珪藻土は、酸化を促進するCO2も吸着します。高性能な珪藻土ほど、CO2の吸着度が高いことが実験で立証されています。

土地探し・資金計画・プラン作成など、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:03-3849-0182 受付時間9:00~19:00 資料請求・お問い合わせ

▲ Page Top

漆喰

松崎建設の自然素材漆喰

昭和35年の創業以来、住宅・建物づくりで地域の皆様とともに歩む松崎建設では、これまで、様々なスタイルの住宅を建築してきました。伝統的な日本建築から和テイストを採り入れた和風モダン建築、輸入住宅の流れを採り入れた洋風建築から、より洗練されたデザイナーズ住宅まで、時代や生活様式の変化に沿って住宅の嗜好も変化しましたが、それぞれのステージで、設計やプランに合った"漆喰"の使い方をご提案しています。
古くから日本の住宅に採用されている「漆喰」が、今また注目されているのは、機能性・デザイン性の面からも、日本の風土に合ったとても優れた自然素材だからです。しかし、珪藻土に比べて、美しい漆喰施工には高い技術が要求されます。
漆喰を用いた建築にも、長い経験と多くの施工例を持つ当社では、熟練の技を持つ専門職人が漆喰の施工に当たっています。

漆喰とは?
漆喰とは?

漆喰とは、石灰に海草糊や麻の繊維や紙などを細かく切ったもの・川砂など「スサ」と呼ばれる材料を混ぜてペースト状にした壁材で、日本では古来より土蔵や城の壁などに用いられてきた日本の伝統的な不燃建築仕上げ材であり、この工法を漆喰塗り・漆喰といいます。

漆喰の特徴

漆喰の特質として注目すべき点はその防火性。かつて日本では財産を保管する「蔵」・「土蔵」に使用しました。また、漆喰は湿気を吸集し調節するという特質を持っているので、四季で寒暖の差がある日本の気候に適応し、カビがつきにくい素材でもあります。そのほか遮音性や遮光性にも優れています。
逆に漆喰には、乾燥後の収縮率が高いためヒビが入りやすいという短所もありますが、これを防ぐために砂などのスサを混ぜたり塗り回数を多くしたりするとともに、塗り回数を増やしてもできるだけ薄く仕上げる、あるいは独自の風合いを出すといったとところでは、左官の技術力が求められる材料です。

漆喰とは?
日本の伝統的な建築文化

漆喰は白壁が主流ですが、仕上げのコテの使い方で荒目やデコボコの質感を表現することが可能です。灰墨を混ぜた黒漆喰や赤い顔料を混ぜた赤漆喰など、白壁以外の漆喰も古くから用いられてきたように、漆喰は顔料を混ぜることによって自由に色を出すことができることから、優秀な左官技術により、色鮮やかな鏝絵(こてえ)や漆喰彫刻、フレスコ画が建築装飾として生まれたと考えられています。

現代建築と漆喰

漆喰は、日本の伝統的な「自然素材」「健康建材」でもありますが、前述のようにその特製から、高度な左官技術を要する建築材料でもあります。その独特な風合いが注目され、現代建築・洋風建築にも用いられ、健康住宅・エコ住宅などに対する関心の高まりから再び見直されるようになりました。

松崎建設の漆喰

松崎建設では、お客様のご要望や建築プランに応じて「漆喰壁」の施工も採り入れています。高度な技術を要する「漆喰塗り」ですが、高度な技術「匠の技」を持つ左官職人を有するからこそ、自信を持って漆喰工法をご提案できるのです。

土地探し・資金計画・プラン作成など、まずはお気軽にご相談ください。 TEL:03-3849-0182 受付時間9:00~19:00 資料請求・お問い合わせ

▲ Page Top