太陽光発電

太陽光発電とは

屋根に太陽電池を取り付け、太陽の光で電気をつくるシステムです。
つくった電気は家庭で使われ、使いきれずに余った電気は電力会社に買い取ってもらうことができます。

さらに停電になった時でも、電気を使うことができる、災害にも強い設備です。

太陽光発電が注目されている理由

ポイント1:高い経済性

太陽光発電のある家では環境に配慮しながら、光熱費を大幅に節約することが可能です。 さらに太陽光発電とオール電化を組み合わせれば、より大幅な光熱費の削減が期待できます。 家庭で必要なすべてのエネルギーを電力でまかなうだけでなく、電力を生み出すことができるからです。 太陽光発電で得た電気を有効に使うことで光熱費を大幅に抑えるだけではなく、余った電気を売ることもできるのです。

地球の気温はこれからどうなるの?
出典元:IPCC第5次評価報告書
ポイント2:環境への配慮

二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスにより地球温暖化は今も進んでいます。 2100年には現在の気温より最大で4.8℃上昇するといわれています。 この温暖化の問題は日本だけでなく、世界全体で取り組んでいかないといけない 問題となっています。(1997年京都議定書、2015年パリ協定) 温暖化対策のひとつとして、国が推進しているのが太陽光発電です。 太陽光発電は、発電時に二酸化炭素を出さず、排気ガスも排出しません。 温暖化がすすむ地球にとって、まさにうってつけのエネルギー生産方法といえるでしょう。 また現在の日本はサウジアラビアやUAEなど中東の原油産出国から8割超の原油を輸入しています。
もし紛争やテロなどでこの輸入が途絶えたらどうなるでしょうか。
外部環境にも影響されない太陽光発電が、注目されているポイントのひとつです。

▲ Page Top

松崎建設の太陽光はココが違う!

ポイント1:太陽光の発電量・発電効率を考慮した設計

敷地や近隣の条件によって、発電効率は大きく変わります。
松崎建設では設計段階から、ご自宅の敷地に適した建物の配置屋根形状・向き・勾配を考慮するため、都内などのような狭小地で充分な屋根面積が確保できない場合でも、効率のよい設置計画を立てられます。

徹底したシミュレーション
ポイント2:徹底したシミュレーション

一言に太陽光発電といっても取り扱っているメーカーは、パナソニック・京セラ・ソーラーフロンティアなど数多くあります。
ではどのメーカーが一番優れているのか??
実はこの答えは、ご自宅の条件によってまったく異なります。
例えば、寄棟屋根などの複雑な屋根形状の場合、小型の太陽電池で隙間なく収まる京セラのSAMURAIシリーズ、日照条件が厳しい場合は部分的な影の影響少なく初期値に対して自家発電量の高いソーラーフロンティアなど。
新築の場合は太陽光発電に適した、屋根形状を設計の段階で採用することができますが、既存の住宅に設置する場合はそうはいきません。
松崎建設では各メーカの特徴、発電量や導入コストをしっかりシミュレーションしたうえで、ご提案させて頂くので、お家の屋根にぴったりの太陽光を設置することが可能です。
結局いくらかかるの??ちゃんと元が取れるの???
この最重要ポイントを丁寧にご説明させて頂きます。

▲ Page Top