スタッフブログ

エクステリア・ガーデンを考える

7/27~7/28開催のタカショーガーデン&エクステリアフェア2017へ行ってまいりました。

家の”外”を彩る商品が沢山紹介されていました。
外構は家づくりの中で、最低限必要な整備だけであとは予算に余裕があったら
少し手を加える方が多い部分ではあります。
また、土地の大きさでやむなく手を加えることができていない方もいます。

けれど、

帰路につく、そのとき遠くから見える家に徐々に近づくにつれて最初に見える
家の外観とアプローチがすごく見栄えがよいものになっていたら・・・
なんとも言えない誇らしい気持ちと満足感を得られます。
一軒おっと思わせるお宅ができると、こんなお家にしたいとどんどんその家の周りが、
賛同しその町の景観が変わってもっと住み心地がよくなったりします。
少しのスペースに工夫を凝らすだけでも、全然家の見え方が変わってくるものです。

たとえば照明の使い方。

右側の展示が階段一段一段に光源の見えない照明を配置しすることで、
階段が浮かび上がるような、奥に導かれるような演出になります。

アッパーライトの展示です。光の強さで、見せ方がかわるのと、
壁のディテールの見え方も変わります。

強い光ではなく、ふわっと魅せるのも素敵です。

すこしお庭に余裕があれば、庭にもうひとつ部屋をつくるというのも、贅沢です。

柱が邪魔をせず、一面ずつ大きな開口がとれるのは開放感があります。
庭設置タイプ以外に、バルコニー設置タイプの展示もありました。
マンションにお住まいの方でもあきらめなくていいのが嬉しいです。

手軽で見え方がすぐに変わってよいなと思ったのが、塀のリフォームでした。

自分ひとりで考えているだけではみえてこない、商材にであえてご提案の幅がひろがります。

Ebara

▲ Page Top