スタッフブログ

宅地建物取引業協会の研修

先日、足立区役所で開催された宅建協会のセミナーへ参加して参りました。
いよいよ4月から本格的に始まるインスペクション(建物状況調査)制度の
変更に関する説明が主な内容でした。大きなホールに沢山の関係者が集まっておりました。

文章から読み取ることは、各自で異なってしまうことが多々あります。
言葉の意味を解説し、認識を統一した上でスタートをきれるのは安心です。

セミナーを聞いて思ったことは、
現在、建物の調査をするサービスは同じような名称で、複数ありますが、
建物状況調査は既存住宅状況調査技術者講習を終了した建築士に限られるため
調査の質が保たれる点はよいと感じました。
また、中古住宅の資産価値も調査が浸透してくれば、担保できるのではないかと期待しています。

「家をもつ」選択肢に、新築だけではなく中古も以前からありましたが、
価値が曖昧であったことは否めません。本格的にはじまってゆく段階ですが、今後の普及が
進めば、選択の幅が広がり修繕しながら住み続けるという文化も根付くのかも知れません。

Uezono

▲ Page Top