スタッフブログ

コンクリートブロックの調査をしました。

足立区の建築物等耐震アドバイザー派遣制度を利用したブロックの調査を実施してきました。


専用の器具を使い傾きをチェックします。

傾き角度が1度以上あると要注意です。

鉄筋が安全基準に適合しているか確認します。

縦横80cm間隔で入っていない場合、要注意です。

塀の高さや、厚み、控え壁の有無、老朽度なども調査の対象です。

また塀が倒壊した時に、周囲に与える影響も重要なので前面道路の幅員についてもチェックします。

道幅が狭いところで、塀が倒壊すると歩行者がいた場合、逃げ場所がなく下敷きになってしまう可能性があるだけでなく、緊急車両の進行を妨げ、被災のときに被害が拡大する可能性があります。

足立区ではこういった危険な状況を改善するために、ブロックを撤去したり、耐震性の低い建物の改修工事に助成金を出しています。

(足立区耐震助成公式HP)
http://www.city.adachi.tokyo.jp/k-anzen/machi/taishinka/sokushin-taishin.html

(足立区緑化助成公式HP)
http://www.city.adachi.tokyo.jp/midori/machi/midori/joseshinse.html

足立区は他の市区町村と比較し、区民の安全を守るための助成金が非常に充実しています。
ご自身の身を守ることに加え、足立区全体の被害を抑えるためには区民の皆様一人ひとりの
防災意識が重要だと思います。

松崎建設も足立区にある工務店です。
建築のプロとして、足立区の安全対策に寄与できるよう尽力していきたいと思います。

kitei

▲ Page Top