スタッフブログ

区の助成を活用した耐震診断申請期間のポイント

こんにちは。
今回は、お電話でも問合せが多い、足立区の助成を活用した
耐震診断申請について【ご依頼時期】にしぼったポイントをお伝えします。

お住まいの家の強度が気になってお問合せいただくお客様ばかりでなく、
すでに建替が決定し、解体を目的とした個人・法人のお客様からのご相談もございます。

建替を予定しており新築の着工時期が決定したのち、さて助成を活用した申請を
行おうとした時、申請期間が非常にタイトになっている・・・という
ことはまれにございます。

ポイントは、【申請期間に余裕をもっていただく】ことです。
・・・驚き感がなく申し訳ございません。笑
耐震診断であれば約1ヶ月、解体工事や補強工事の場合は1ヶ月半~2ヶ月間で
手続きを完了するイメージをもっていただけるとスムーズです。
※期間に余裕がない場合は、ご相談ください。

診断や解体に着手するにあたって、区に承認を得てから行うことが必須になること
書類作成等である程度の期間を要してしまいます。

また、余裕をもった申請でも許可までに時間がかかるケースもございます。
例としては、書類不足です。
登記簿上の所有者住所と住民票の住所に不一致があると追加の資料が必要になります。

最後に、長期休暇(年末年始・お盆・GW等)がある場合も要注意です。

制度の活用を考えているがスケジュール的に心配・・・等ございましたらお気軽に
ご相談ください^^

Uezono

▲ Page Top