スタッフブログ

御影石の敷居

今から40年ほど昔に施工した門の敷居です。

先日「御影石の敷居」に関する問い合わせをいただきました。
弊社施工の純和風住宅で冠木門(かぶきもん)の敷居が御影石であった事を思い出し
40年経ってどの程度損耗しているか改めて調査に伺いました。



御影石に溝加工をして太めの真鍮を埋め込みました。
手の込んだ加工をしたお陰でガタツキもなく40年前の新築当初のままお使い頂いてました。

外部の風雨にさらされていますが、御影石と真鍮の耐久性バツグンです。
現在は敷居にレールを埋め込むより、ハンガーレールにして上吊りにすることがほとんど
ですが、昔ながらの敷居でも造り方によっては耐久性の高い施工も可能です。
(松崎)



 

▲ Page Top