スタッフブログ

気密測定

現在建築中の物件の気密測定を実施しました。

(※画像回転できず申し訳ございません)

気密測定をすることでC値を求めることができます。
C値とは相当隙間面積のことで、わかりやすく言うと壁や床にどのくらいの
隙間があるか測るものです。

建物全体にある隙間面積(cm2)を延床面積(m2)で割った数値で、建物の気密性能の指標として用いられています。
C値の測定は、実際に建てられた建物内で、専門の気密測定試験機を使って行います。
数値が小さいほど優れた気密性をもつ建物といえます。

国が以前定めていた高気密住宅の基準は「5㎠/㎡」以下ですが、今回の気密測定ではその基準の10分の1以下の【0.3㎠/㎡】という測定結果となりました!!

調査員の方も驚いていました(笑)

丁寧につくってくれている大工さんに本当に感謝です!

工務店の家づくりはスピード勝負ではなく、設計から施工まで時間をかけて行うので
大量生産することはできませんが、一棟一棟心をこめてつくることに意味や価値があると感じています。

自信をもってお引渡しをすることができそうです。

▲ Page Top