スタッフブログ

ヒアリング力+創造力

自転車のスタンドからのサビで玄関前のタイルに汚れが付いてしまったケースです。




サビがついてしまうタイルが問題ではありません。
サビてしまう自転車スタンドの問題でもありません。

自転車のスペースは当然、別の場所に計画しました。
玄関の横、ホンのわずか玄関の横にあります。
計画のセオリーを逸脱した場所ではなく、玄関ファサードのデザイン性を邪魔しない
かつ、最も近い場所。ベストプランだと自信をもって計画したのですが・・・

お客さまとしては玄関の真ん前に置きたかったようです。
より快適に使いやすく、そして見栄えよいお住いのために
設計としてベストだと思っていても、実際の使い方はお客さまが決めます。

「こっちに置いてください」と設計からは言えません。
だって、ここが便利なんだモン・・・と言われればグウの音もでません(笑)
その声に応える計画をしなければならないからです。

いくらセオリーを逸脱せず、カッコよく計画してもまだ足りないんですね。
このお客さまはどんな使い方をされるだろう?
ヒアリングをする際にアンテナの感度を上げるだけではなく
想像力も磨かなければならない、と痛感しました。

(松崎)
 

▲ Page Top